国内市場では、いよいよスマートフォンが携帯電話の主流になろうとしています。
現状ですでに4割近いユーザーがスマートフォンを利用し始めているようですが2015年にはさらに6割以上がスマートフォンユーザーに切り替えることになりそうで、本格的にスマートフォンが携帯電話の主流になっていきそうです。



これまでは携帯電話は通話のための機器という性格のものでしたが、この先スマートフォンに切り替わることにより、主流となるのはデータ通信で、通話もIP電話を利用するデータ系へと大きくシフトしていくことが見込まれています。

したがって端末をパソコンのようにホームページを利用していく機会も増えますし、動画を視聴したり、音楽のストリーミング配信を聴取するといった機会も増えて、かなり既存の携帯電話とは大きく異なる使用形態へと変化していくことになりそうです。

そ携帯キャリア各社もこうしたユーザーの利用変化に対応して、データ通信のスピードを確保するため大型の通信設備投資に躍起になっていますが、近い将来電話機という機能はかなり後退していきそうです。



これも一つの時代の変化ということでしょうが、コミュニケーションの仕方自体が大きく変化しようとしていると見ることもできます。また現在でもスマートフォンへの機種移行から携帯電話を利用したeコマースが大きく売上げを伸ばすようになっています。


あなたが探していた中古携帯情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。これまでパソコンでは通販などのサイトにアクセスしなかった利用者がスマホの利用をきっかけにしてこうしたサイトを通じて物品の購入やサービスの利用に対してお金を使うようになってきているのです。
これも従来の携帯電話とは大きくことなる消費者行動の変化ということができます。



このように今後携帯電話をとりまくビジネス環境やサービス環境は大きく変化していくことが予想され、携帯に関連したビジネスでは、これまでの発想を大きく変えて考えていくことが必要になりそうです。




Copyright (C) 携帯電話はスマートフォンにシフト All Rights Reserved.