バナー

お金がなくても大丈夫、債務整理にかかる費用

債務整理とは、借金で苦労している人が解決策として利用する措置です。


そのための費用が、到底手が出ないような高額であれば、誰も利用しないでしょう。

さらに身近になった2ちゃんねるの欲しい情報が手に入りました。

では、具体的に、どれくらいの金額が必要になるのでしょうか。


相場としては、自己破産の手続きなどを弁護士に依頼すると、大体20万円くらいかかるといわれています。

その費用が工面できない場合でも、諦める必要はありません。

お金に余裕がない人でも、「民事法律補助制度」を使うことで、債務整理することが可能になります。


民事法律補助制度とは、総合法律支援法に基づき設立された「法テラス(日本司法支援センター)」が行っている公的な制度です。



これを利用すれば、弁護士や司法書士にかかる費用を立て替えてもらえるのです。

さらに、弁護士や司法書士と違い、金額が固定しているので安心です。

任意整理の場合、債権者の数にもよりますが、5件の債権者がいたとすると13万程度で済みます。
自己破産も10万円程度でおこなえます。

この制度を使わないと、ずいぶんと高い負担を強いられることもありますので気をつけてください。民事法律補助制度を利用できるかどうかの規定があるので、まずは自分に資格があるか調べてみるとよいでしょう。

また、費用は立て替えですので返済義務はありますが、月々5000円からなので安心です。

このように、今現在まったくお金がなくても債務整理はできますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

多角的な視点から債務整理について詳しく説明しています。